ベーチェット病 食事制限

ベーチェット病は食事制限が必要なのか

スポンサーリンク

ベーチェット病の症状は、色々な症状がありますので、その症状に合わせた対策が必要となってきます。
ベーチェット病の症状の中でもとくに辛いのが食事制限が必要になってくる腸管ベーチェット病です。

 

 

【腸管ベーチェット病】
腸管ベーチェット病は、腹痛や下痢の症状が多く現れる事が特徴となっております。
消化管病変であったり消化管症状の症状がでる確率は10パーセントから20パーセントとなっております。

 

また、消化管に団純正潰瘍などができるようなケースもあり、病気によりものなのか、それとも他の要因によるものなのかはとても分かりにくくなっております。
腸などの異常と同時期に発熱やアフタ性口内炎などがおこります。

 

スポンサーリンク

 

【食事制限の重要性】
ベーチェット病の中でも消化器病変を患っているタイプでしたら、食物繊維が多く含まれている物や消化の良いものを好んで食べる必要があります。
揚げ物やショートケーキのような動物性の油が多く含まれているものは、胃や腸に負担をかけてしまいますので食べられません。
食事制限といっても一般的な食事制限よりはかなり緩い食事制限の内容になっておりますので、比較的ストレスを溜めこまずに食事制限を行う事ができると思います。

 

また、これは純粋な食事制限とは異なりますが、口内炎などの症状が激しい場合には柑橘系や香辛料の含まれている食べ物は痛みが激しくなりますので食べる事はできません。
基本的には、たんぱく質、ビタミン、淡水化物を効果的に摂取する事が重要になってきますが、もっとも重要な事は、腹八分目におさえて、食べる量を制限する事です。

 

食べる量を制限していてもバランスの良い食事メニューを食べる事ができれば、お腹が極端に減りすぎるといった心配もありません。

 

一般的にベーチェット病は食事制限が必要無いと言われていますが、より健康を意識するのであれば、とにかく身体に優しい食べ物を選んで食べるようにしてください。
また、出来れば保存料などが含まれていない物を選ぶと、より健康的に生活する事ができます。

スポンサーリンク