ベーチェット病 睡眠 ストレス 関わり

睡眠不足やストレスがベーチェット病の関わり方

スポンサーリンク

ベーチェット病は2017年の8月現在の技術では完治が見込めない難病の一つです。
しかしながら、このベーチェット病は以前までは分からなかった原因なども徐々に究明されてきており、ベーチェット病の症状に効果のある治療法や薬なども登場しております。
その為、様々な関わりを持つ要因によって、症状が軽減されたり悪化するようになっている事も分かり始めてきております。

 

 

【免疫力を少しでも高めるために】
ベーチェット病に感染した場合、とにかく体内の免疫力を少しでも高める事によって症状を緩和させたり、表だって現れないようにする事ができます。
免疫力を高めるためには睡眠やストレスと関わり方がとても重要になってきます。
睡眠やストレスは相互に深く関わりをもっております。

 

睡眠不足になるとストレスが緩和されなくなり、どんどんとストレスが溜まっていってしまいますし、睡眠はストレスがあると質の高い睡眠を取る事ができなくなってしまいますのでどちらも深く関わりあっているのです。

 

スポンサーリンク

 

【人間らしい生活スタイルの構築】
免疫力を高めるには、質の高い睡眠はもちろん、なるべくストレスをためないようにする必要があります。
軽い運動やストレッチ、趣味に没頭したり、泣ける映画や小説、コミックなどを呼んで涙を流すのもストレスの解消と深い関わりがあると言われております。
睡眠は、一日最低でも6時間以上、出来ればホルモンの分泌が激しい22時から2時までの四時間を含めるのがベストになっております。

 

 

【食生活との関わり方】
食事はベーチェット病の方にとっても特に重要です。
基本的に、日本国内にある食べ物の多くが保存料がふくまれております。
この保存量の中には免疫機能に悪影響を与える可能性があるものもあります。
もちろんすべての保存料を回避する事は難しいのですが、できるだけ保存料が少ない物を選ぶのはとても重要になります。

 

睡眠不足やストレスはベーチェット病に深い関わりがある事がわかってきております。
ベーチェット病の方は特に免疫力や体力の回復が必須となりますので、質の高い睡眠とストレスを溜めこまないライフスタイルの構築が急務になります。

スポンサーリンク