ベーチェット病 腰痛 因果関係

ベーチェット病と腰痛との因果関係

スポンサーリンク

日本の国民病とも言われている腰痛ですが、この腰痛には色々な要因があります。
単に筋肉痛の物だけでなく、腰椎椎間板ヘルニアによるもの、ストレス性のもの、内臓疾患によるもの、ぎっくり腰、腰部脊柱管狭窄症、骨粗しょう症性圧迫骨折、分離すべり症などが主な原因ですが、最近ではベーチェット病が原因と呼ばれる症状などが確認されており、その因果関係が話題になっております。

 

 

【ベーチェット病と腰痛との因果関係】
ベーチェット病の主な症状は、口内炎であったり陰部の腫瘍、皮膚の炎症、視力低下などが有名ですので腰痛とは因果関係が無いと思われてきていたのでが、元々この病気は身体の至る所に悪さをする病気という事もあり、しっかりとした因果関係がある事が確認されております。
因果関係があると判断された理由が、大関節が侵されやすい関節炎の可能性による物です。
元々、ベーチェット病は、大関節が侵されやすい関節炎の症状が強くでる病気だったので、これらとの因果関係が認められるようになってきたといういきさつがあります。

 

スポンサーリンク

 

【因果関係を理解した上で】
ベーチェット病と腰痛の因果関係を確認した上で、最も重要になるのが治療方法です。
2017年の8月現在において、難病に指定されておりますので完全な治療方法はありません。
その為、痛みが出ないように対策するしか手段がないのです。

 

基本的にベーチェット病との因果関係が確認できるような腰痛の場合には、炎症を鎮めるために効果のあるステロイド剤を塗布したり、ロキソニンなどの痛み止めを服用して痛みを緩和する必要があります。

 

ベーチェット病が原因の腰痛の症状を緩和させるためには、症状を軽くする必要があります。
その為には、睡眠時間をしっかりと確保したり、栄養バランスのとれた食事であったり、ストレス解消など日常生活において、健康的でいられるような生活を意識して送る事が必要になります。
そういった生活を続けて行く事によって免疫力もあがりますのでおすすめです。

スポンサーリンク