ベーチェット病 アフタ性口内炎 頻度

ベーチェット病が原因のアフタ性口内炎がおこる頻度

スポンサーリンク

トルコの医師フルス・ベーチェットにより最初に報告されたベーチェット病は、徐々に感染者が増え始めております。
また2017年の8月現在の時点で治療法が見つかっていないために、日本国内では難病に指定されております。

 

様々な症状があり、どの症状が現れるのかは人によって違うのですが、多くの方に発症しているのがアフタ性口内炎です。
こちらでは、ベーチェット病が原因のアフタ性口内炎がおこる頻度などについての情報をご紹介します。

 

 

【ベーチェット病が原因のアフタ性口内炎】
ベーチェット病が原因のアフタ性口内炎は、ベーチェット病に感染した方のほぼ100パーセントの方に見られる症状になっております。
この口内炎の特徴としましては、非常に強い痛みを伴った口内炎ですが、見た目は一般的な口内炎との差が無い為に発見が遅れる傾向があります。
ただ、一般の口内炎よりも短い頻度で再発しますので、その部分の差などからベーチェット病を疑う事ができます。

 

スポンサーリンク

 

【アフタ性口内炎がおこる頻度】
ベーチェット病が原因のアフタ性口内炎がおこる頻度は非常に高く、常に口の中に不快感を持っているような状況になっている方が多いのが、こちらの病気の特徴になっております。
一般の口内炎のよりも頻度が高い場合や、口の中を切りやすい頬の後ろ以外の歯茎や舌などに口内炎ができ、それらの痛みが強いような場合にも、頻度以外でベーチェット病であると疑う事ができます。

 

 

【ただの口内炎では無いかも知れない】
アフタ性口内炎は、非常に痛みが強いのですが、ガマンすればガマンできない痛みほどではありません。
また、発生する頻度も高い事から、ある程度の慣れというものもでてきます。
口内炎の頻度が高いと思ったらアフタ性口内炎である可能性を疑ってください。

 

ベーチェット病はアフタ性口内炎以外にも失明の危険のある症状なども確認されております。
早期発見、早期治療によって症状の進行を抑える事ができますので、気になる口内炎が見つかったら早目に治療してください。

スポンサーリンク