ベーチェット病 症状 順番

ベーチェット病の主な症状と検査する順番

スポンサーリンク

ベーチェット病は、2017年の8月現在において完治する為の治療方法が確立されていない国が指定している難病になります。
また、とても症状が多いのも特徴となっており、人によって現れる症状の種類の順番などが様々という特徴もあります。
そこでこちらのページでは、ベーチェット病の主な症状と検査する順番などについてご紹介していきます。

 

 

【ベーチェット病の主な症状】
ベーチェット病には、色々な症状が現れます。
主な症状としましては、口内炎に似た口腔粘膜のアフタ性潰瘍、痛みを伴う赤い斑点状のしこりやにきびのような発疹などが起こる皮膚疾患、この病気で最も恐ろしい目の痛み、充血、視力低下、視野の狭窄などの眼症状、男性では陰嚢や陰茎、亀頭に現れ、女性は大小陰唇や膣粘膜に発生しやすい外陰部潰瘍などがあります。
これらは一度に表面化する事は珍しく、順番に発症するようなケースが一般的なっております。

 

 

【まれに表れる病状】
他にもまれに表れる病状があります。
陰のうの痛みや腫れなどが現れる精巣上体炎や関節の腫れや痛み、関節が動かせない状態になる関節炎、腹痛、下痢、血便などが起こる消化器の疾患、血管に炎症が起こってしまい、足が全体的に腫れたりする血管異常、運動まひ、痴呆、発熱、嘔吐、意識障害、人格変化などの中枢神経のトラブルなどもあります。

 

スポンサーリンク

 

【検査の順番】
ベーチェット病は、現れる病状によって検査する順番は異なります。
最初は問診と視診が行われ、状況にあわせて月の順番での検査が決定されます。
次の順番が血液検査になるのか、連鎖球菌ワクチンによるプリックテストなのか、皮膚の針反応なのか、眼科検査なのかは担当した医師が決めますので、これといった順番に決まりはありません。
順番所か、一つの検査で終わらせてしまう病院などもあります。

 

ベーチェット病の検査は、基本的に症状が重い所からというのがセオリーですが、色々な所が悪くなるベーチェット病の場合には、担当した医師の問診や視診の判断によるところが大きくなっております。

スポンサーリンク