ベーチェット病 痔 関係

ベーチェット病と痔の関係性

スポンサーリンク

ベーチェット病は、日本国内だけでも17,000人程度が感染している難病です。
以前とは違い、徐々に症状や原因などが究明され始めては来ておりますが、まだまだ謎の多い難病として知られております。
最近日本人のベーチェット病の方にも多くみられるようになった痔は、しっかりと初期段階で対処する必要があります。

 

 

【ベーチェット病との関係性】
ベーチェット病と痔は、この病気は外陰部潰瘍ができる疾患である事が関係しております。
外陰部潰瘍はそのまま放置していると裂創になってしまう可能性が高く、ストレスなどが溜まり、痔になりやすいといった関係性があります。

 

 

【痔とは関係ないケースもあります】
ベーチェット病が難しい所は、一見すると痔に思われそうな症状でも、単に肛門に近い所に外陰部潰瘍が出来てしまい、この外陰部潰瘍と間違えてしまうようなケースもあります。
痔と外陰部潰瘍は全く関係のない症状なのですが、ベーチェット病の方が両方を発症しているケースは少なくありません。

 

こちらの病気とは直接関係ありませんが、痔の出来る原因が、ストレスや疲労、排便状況の悪化などがあり、ベーチェット病でのストレスが関係してなるといったケースもありますので注意が必要になってきます。

 

スポンサーリンク

 

【病院の何科に行くべきか】
痔なのか外陰部潰瘍なのかわからないような場合には、とりあえず肛門科や皮膚科に行くようにしてください。
肛門科や皮膚科でしたらどちらも対応が可能となっております。
もちろん、既にベーチェット病でかかりつけの病院が近くにあるのでしたら、そちらの病院で担当医の方に相談するのが最も確実で、最もストレスの少ない方法になりますので、迷ったら利用してみてください。

 

ベーチェット病と痔は一見して関係の無いように思われるかも知れませんが、実は密接に関係しております。
特にストレス性の症状の場合には注意が必要となりますので、生活習慣や食生活の改善と投薬治療の両方からチャレンジする事が必要になってきます。

スポンサーリンク