ベーチェット病 コルヒチン 副作用

ベーチェット病に効果的なコルヒチンでの副作用を把握

スポンサーリンク

ベーチェット病の多岐に渡る症状に対して効果的であるのがコルヒチンです。
発作抑制治療として使用されており、ベーチェット病の第一選択薬であるものの、副作用もあるからこそ、覚えておいた方が良いでしょう。

 

 

【効果が見られない場合もある】
ベーチェット病に効果的なコルヒチンであるものの、効果が見られない場合もあります。
この場合はシクロスポリンやインフリキシマブの導入が検討されるでしょう。
そして、副作用の一つとなるのは男女共に避妊をしないといけない点です。

 

さらに、もう一つの副作用としては定期的な血液検査が必要な点となります。
ベーチェット病に効果的なコルヒチンであっても、これらの副作用がある点は忘れてはいけません。
当然ながら、副作用に注意しつつ服用量を増減していき、症状が治まるまで続けるという形になります。

 

スポンサーリンク

 

【適用できないケースについて】
ベーチェット病に効果的なコルヒチンはできようできない方もいます。
肝臓や腎臓に障害がある、妊娠や妊娠の可能性がある、皮膚結核や種痘疹のある方などが該当されます。
網膜脈絡膜炎の眼症状、関節症状、皮膚粘膜症状のある方は適用可能です。
副作用がある場合にしても、しっかり対応できるのもまた一つの事実となります。

 

薬の服用量の調整や変更あるいは中止も含めた対応ができるのが事実です。
状況に応じてステロイドを使用する場合もない訳ではありません。
どういった症状があるかによって、適切な対応ができるからこそ、ベーチェット病に効果的なコルヒチンに副作用があった場合でも、特に心配することはありません。
ベーチェット病に基本的にはコルヒチンは効果があるものなのは間違いありません。

 

ベーチェット病の方に活用されるコルヒチンには副作用があります。
どういった副作用があるのかを把握するのが肝心です。
さらに、適用できる方もいればそうでない方もいるのを覚えておき、どういった場合にも適切な対応ができるものと認識しておけば良いでしょう。

スポンサーリンク