ベーチェット病 口内炎 治療

ベーチェット病と口内炎の関係と治療について

スポンサーリンク

ベーチェット病と口内炎は密接な関係にあります。
口内炎が発症するからといっても、必ずしもベーチェット病を疑い必要はないものの、可能性は否定できないからこそ、まずは検査を受けるのが望ましいといえるでしょう。

 

 

【ベーチェット病と口内炎の関係とは】
ベーチェット病の初期症状の特徴としては、発生する潰瘍が口内での発生が多い点です。
アフタ性口内炎と似ているものの、決して油断をしてはいけません。
しっかりベーチェット病である可能性も考慮した方が良いでしょう。
口内以外の場所でベーチェット病特有の症状が出ていないかを確かめるのが望ましいといえます。

 

口内炎の他にも該当する症状が見られる場合は、すぐに検査を受けての治療を考えるのが適切です。
口内炎以外の症状もベーチェット病の場合は少なくありません。
油断をせずに対応するのが、基本中の基本となります。

 

スポンサーリンク

 

【投薬治療が主】
ベーチェット病が原因での口内炎であっても、口内炎だけの治療をすることはほとんどありません。
初期症状の場合の治療は白血球の抑制作用があるコルヒチンといった薬物の投与となります。
そして、後期症状に移行した場合の治療としては、免疫抑制剤やステロイド剤の投与です。
再発を繰り返す特徴があるからこそ、再発防止のために症状の安定後も継続して投薬しての治療は続けないといけません。

 

いち早く適切といえる対応をすれば、症状が表面化することを抑えられます。
その内治ると思っていたからこその対応が、手遅れになってしまう場合も少なくありません。
発症者は20歳代以降の男性に多いという特徴もあり、該当する方は特に注意した方が良いでしょう。

 

ベーチェット病の初期症状が口内で発生することが多く、口内炎になる可能性も当然あります。
根本的な治療をしていくことで、症状が表面化するのを抑えられるからこそ、他の症状が出ているかどうかも合わせてチェックし、適切な対応を行っていくのが望ましいといえるでしょう。

スポンサーリンク