ベーチェット病 症状 皮膚 かゆみ

皮膚のかゆみ以外のベーチェット病の症状とは

スポンサーリンク

ベーチェット病の症状は多岐に渡っており、皮膚のかゆみだけが全てではありません。
いち早くベーチェット病であると判断するためには、皮膚かゆみ以外の症状についても把握しておくのが重要になるといえるでしょう。

 

 

【ベーチェット病の症状について】
アフタ、毛嚢炎、結節性紅斑といった皮膚のかゆみが伴う症状はベーチェット病の一つの特徴となるのは間違いありません。
皮膚のかゆみがある場合は、ベーチェット病を疑った方が良いでしょう。
さらに、発熱や関節痛といった全身症状を伴って発症するのも特徴となります。

 

ベーチェット病の症状は決して皮膚のかゆみだけではありません。
他の症状も合わせてチェックすべきといえます。
皮膚のかゆみがある場合はそのうち治ると思って対応するのではなく、ベーチェット病の症状であるかどうかの考慮が必要になるといえるでしょう。
検査と診断を受けるのはそれぞれの病院の科に足を運べばすぐに済むはずです。

 

スポンサーリンク

 

【失明の可能性も0ではない】
ベーチェット病が原因で眼に何かしらの異常が発生する場合もあります。
虹彩毛様体炎と網膜ぶどう膜炎があって、急速に発症していきます。
急性期の場合は前房蓄膿がみられ、後者では出血が伴う網膜の滲出性炎症が理由で網膜が障害されていき、失明の原因となってしまうのが恐ろしい点です。
治療を行うにあたって、抗生剤やスルホン剤や好中球の機能を抑制するコルヒチンなどが使われます。

 

原因が全く不明であるのも厄介な点で、遺伝的素因が関係している、あるいは何かの外因によって発症すると考えられています。
いずれにしてもいち早く対応しないと、大きな後悔に繋がってしまう可能性があるのは間違いありません。

 

ベーチャット病の症状の特徴は皮膚のかゆみだけではありません。
他にも何かしらの異常があるのなら、すぐに病院で検査と診断を受けた方が良いでしょう。
人生を大きく変える可能性も秘めているからこそ、決して油断をしてはいけません。

スポンサーリンク